ドクターヘリのパイロットの年収について

subpage01

緊急搬送が必要な重症患者を迅速に病院に運搬するために使用されるのがドクターヘリです。
救急車に比べておよそ半分の時間で目的地まで患者を運ぶことができるため国内でも使用されるケースが多くなってきています。


そんなドクターヘリですが使用するためには当然ですが、ヘリの運転を行えるパイロットが必要になります。


ドクターヘリの場合は専用のパイロットとしての資格と言うものは存在しておらず通常のヘリコプターのパイロット資格があれば操縦することが可能です。
では気になるその年収はどの程度なのでしょうか。
ドクターヘリの平均年収は800万円〜1000万円と言われています。
一般的なサラリーマンに比べると年収は高めだという事が出来るのではないでしょうか。

ドクターヘリの年収情報のお得な利用法をお教えします。

ですが、ただ年収だけを見ると給料が高い良い仕事だと思うかもしれませんが実はパイロットの資格と言うものは一般の方が簡単に取得できるものではありません。
取得するためには航空自衛隊の航空学生としてライセンスを取得するか、民間のスクールに通ってライセンスを取得する方法しかありません。



パイロットの資格を取得するまでには実技が伴うため月日も必要になりますし、費用もかかってくるため給料だけを目当てで飛びつくと痛い目を見る可能性もあります。



特にドクターヘリの操縦となると技術力が必要になるため、パイロットの資格を持っている人でも仕事として一人前になるためには1年以上かかるケースが多いと言われおり誰でもなれる仕事ではないと言えます。