ドクターヘリで活躍する医師の年収は?

main-img

ドクターヘリに乗って災害地などに赴き、患者の治療にあたるフライトドクター。

ドラマでもその活躍が描かれて世間的にも認知度があがりました。

設備が整った病院ではなく、条件の悪い環境でも治療にあたらなければならないフライトドクターは通常の医師とはまた別のスキルと判断力が求められます。では年収に違いもあるのでしょうか。

フライトドクターは普段、救急専門医として救命救急科で勤務をしています。

ドクターヘリの年収に関する情報をまとめました。

ドクターヘリの要請があるとフライトドクターも搭乗し現地へ赴きます。

ドクターヘリを使って別の病院へ行くこともあります。


このフライトドクターになるためにはドクターヘリを持つ病院に勤務することはもちろん、フライトドクターとしての研修を受け適正を認められる必要があります。



しかし年収は他の救急専門医と変わりなく、1000万から1400万円が相場のようです。高度のスキルを求められる割には少ない印象もあります。
ただしドクターヘリの搭乗回数に併せて手当が支給されるため、それも併せれば年収も他のドクターよりは多くなります。

それでも他の医師より激務であることは変わりありません。



いかがでしたでしょうか。
現地へ赴きすぐ患者の治療にあたるフライトドクターは非常に責任感のある仕事です。


必要性もますます高まり、最前線での活動に誇りをもって治療にあたる医師も少ないはないです。
フライトドクターが増え、現場で今まさに医療の助けを必要とする患者がすぐに治療を受けられる体制が整うことが期待されています。

空撮の話

subpage01

緊急搬送が必要な重症患者を迅速に病院に運搬するために使用されるのがドクターヘリです。救急車に比べておよそ半分の時間で目的地まで患者を運ぶことができるため国内でも使用されるケースが多くなってきています。...

more

空撮の身になる知識

subpage02

近い将来にはジェット機のパイロットが子供たちの憧れの仕事ではなくなるかもしれません。というのは、ジェット機のパイロットという仕事そのものがなくなるかもしれないからです。...

more

空撮の知っておきたい情報

subpage03

ジェット機も将来的にはパイロットが不要の時代となっていきそうです。パイロットに取って代わるのは人工知能です。...

more

空撮の最新情報

subpage04

航空機からカメラで撮影をする人もこれから増えてきそうです。今ではカメラも持ち歩ける時代になりましたから、航空機からカメラで撮影をする人も増えるでしょう。...

more