ジェット機もいずれはパイロット不要の時代になりそう

subpage01

ジェット機も将来的にはパイロットが不要の時代となっていきそうです。
パイロットに取って代わるのは人工知能です。


何しろ近い将来に車の運転は人工知能がすることになると既に予想されていますから、ほとんど障害物のない空を運転するようなパイロットの技術ぐらいの習得は人工知能にとっては朝飯前といってもいいでしょう。


基本的にはジェット機の運転などは離陸と着陸だけといってもいいぐらいですから、特に難しいことはありません。
難しいのはトラブルが起きたときの対応ということになりますが、これも人工知能の方がミスなく対処できるという点で人に勝ります。


人はとにかく焦ったりパニックに陥るという欠点があります。

忘れることも多いのも欠点といってもいいでしょう。

お手軽さが魅力のジェット機のパイロット情報サイトの利用価値をご存知ですか。

トラブル対応などは普段しないことばかりにですから、人にとっては最も苦手なことということになります。



ですが、人工知能であれば、一度でも経験させていれば問題ありません。場合によっては経験がない場合でも最適なトラブル対応をすることも可能になるかもしれません。


ジェット機のような場合でもそれはいえるでしょう。
車の運転のトラブル対応に比較すれば、それほどレベルの高い技術ということにはならないでしょう。何しろ今でも既に自動運転のようなシステムはあるわけで、これにさらに人工知能の技術が加わって、より安全な操縦をすることが出来るようになるのですから、ますます問題はありません。
近い将来は操縦席などもなくなっているかもしれません。