ジェット機のパイロットが憧れの仕事ではなくなるかも

subpage01

近い将来にはジェット機のパイロットが子供たちの憧れの仕事ではなくなるかもしれません。
というのは、ジェット機のパイロットという仕事そのものがなくなるかもしれないからです。
変ってジェット機を操縦するのはAIといわれる人工知能です。既に今でもかなりの操縦が自動運転などになっては来ていますが、将来的にはパイロットそのものが無くなるということも考えられます。何しろ人が運転をするということは、とてもリスクが高いことでもあります。


だからこそ自動運転のような技術が既に導入されているのですが、それでも運転の一部が自動化されているというぐらいの位置づけでした。ですが、これからAIによってなされるものは完全自動化です。
人の操縦というものが一切不要なので、ジェット機から運転席というものが無くなることも考えられるのです。


人が運転をしないということで、飛躍的に安全性が高まることが考えられます。何しろAIは疲れるということもありませんから、ミスをほとんどしなくなります。

ジェット機のパイロットに関する詳細はこちらです。

人はさまざまな条件でミスをします。



疲れていたり、眠ってしまったりというようなことがあります。


場合によってはテロなどの事態も考えられたりもします。



ですがAIとなれば、ほとんどの局面でミスをすることなく最適な対応をすることが出来るようになります。ミスをしないという点では人が人工知能に勝ることはまずないと考えてもいいでしょう。となれば、パイロットという仕事が無くなる可能性はかなり高いと考えられるのです。